除毛 赤いぶつぶつ

除毛後にできる赤いぶつぶつの原因と対策とは?

毛抜き、カミソリ、除毛クリームなど、さまざまな除毛方法がありますが、みなさんはどのような方法で除毛処理をしていますか?

 

自分で除毛するとなると剃り残しがあったり、除毛後に皮膚に赤いぶつぶつができてしまったりすることがありますよね?

 

このように皮膚に赤いぶつぶつができてしまうのは、除毛の方法が間違っているのかもしれません。

 

なぜこのような状態になってしまうのか、除毛方法別に原因と対策方法をまとめていきたいと思います。

 

毛抜きで赤いぶつぶつができる原因とその対策

 

【原因】

 

無理してムダ毛を毛根から引き抜くため毛穴が広がり、そこから炎症を起こします。

 

【対策】

 

毛抜きを使った除毛は雑菌が入って炎症を起こしてしまうだけでなく、抜く途中で切れた毛が埋没毛になってしまう危険性もあります。

 

ですので、毛抜きでの除毛はあまりオススメできない方法です。

 

どうしても抜きたいときは、毛穴を温めて広げた後に毛抜きを行い、抜いた後は冷やすなどして毛穴を引き締めましょう。保湿も忘れないで!

 

カミソリで赤いぶつぶつができる原因とその対策

 

【原因】

 

カミソリを使った除毛は地肌を直に傷つけてしまうので、そこに雑菌が入って炎症を起こします。

 

また、剃り味が悪くなったカミソリを使っていると、何度も同じ個所を剃ったりしてより肌を傷つけやすくなります。

 

【対策】

 

カミソリを当てる箇所にはボディソープではなく、シェービングクリームを使うようにしましょう。

 

濡れた肌はカミソリで傷つきやすくなります。除毛後はしっかりと保湿をし、肌をクールダウンさせましょう。

 

また、カミソリを定期的に交換することも大事です。

 

除毛クリームで赤いぶつぶつができる原因とその対策

 

【原因】

 

除毛クリームには除毛効果の高い成分が使われているため、思っている以上に肌への刺激が強すぎて肌荒れを起こしているのかも。

 

傷があったり乾燥で敏感になっている肌に使うと、炎症を起こして赤いぶつぶつができる原因にもなります。

 

【対策】

 

使用前にパッチテストを行い、自分の肌に合っているかを確認してから除毛処理を行いましょう。

 

そして使用方法・使用時間をしっかり守ることが大事です。除毛クリームを必要以上に長時間お肌に放置すると、肌荒れを起こします。

 

ご自身の肌の為にもしっかり守りましょう。

 

除毛後に赤いぶつぶつができる原因とその対策まとめ

 

除毛方法別に赤いぶつぶつができる原因とその対策をまとめてきましたが、参考になりましたか?

 

自宅で行う除毛方法は手軽ですが、どれも肌への負担は避けられないので、一段と丁寧に処理を行わなければなりませんね。

 

でも、もっと手軽に、そして安全にお肌への負担も少なく除毛処理が出来たら良いと思いませんか?

 

「デリーモ(deleMO)」ならスプレーをした後に拭き取るだけの除毛剤なので、お肌を傷つけることなく除毛処理が行えます。

 

保湿成分もしっかり配合されているのでオススメですよ!

 

>>気になるデリーモ(deleMO)の詳細はこちら