脱毛 埋もれ毛

脱毛後に埋もれ毛を発見!?なんとかしたい!

脱毛の自己処理に埋もれ毛はつきもの。脱毛の最中に埋もれ毛を発見したときのショックは大きいですよね。

 

何とかして埋もれ毛を表面に出したいけれど、無理矢理ほじると跡が残ったり、ひどい場合は流血騒ぎになってしまいます。

 

そこで、今回は、脱毛で埋もれ毛ができる原因と、埋もれ毛の対策についてお伝えします。

 

埋もれ毛ができるまで

脱毛でできる埋もれ毛。これは、脱毛の際にカミソリや毛抜きを使用したときに皮膚がダメージを受け、毛穴が塞がったところに、皮膚の下で毛が成長してしまった状態です。

 

毛抜きやカミソリでの脱毛は、皮膚へのダメージが大きいので、

 

黒い点に皮膚が被っている状態だったり、皮膚の下を毛が這っていたりと、普通に伸びた毛とは違うのですぐにわかります。

 

埋もれ毛を見つけたときはショックですよね。

 

でも、どんなに埋もれ毛が気になっても、毛抜きで抜いたりほじくり出すのは厳禁です!

 

毛穴の奥に雑菌が入り込んで炎症を起こすと、毛嚢炎(もうのうえん)になり、ニキビのような赤いプツプツができてしまうケースもあります。

 

埋もれ毛ができないようにするには、カミソリや毛抜きでの自己処理をしないようにするのが一番です。

 

埋もれ毛ができてしまったら

脱毛での皮膚へのダメージが、埋もれ毛の原因になることはわかりました。

 

では、一度できてしまった埋もれ毛はどうしたらよいのでしょう。

 

埋もれ毛は、そのまま放っておけばそのうち消えてなくなります。埋もれた毛が自然に伸びて外に出てくるのを待つのです。

 

脱毛の際に埋もれ毛をできにくくするために、普段から角質や保湿のケアをして、埋もれ毛ができにくい肌づくりを心がけましょう。

 

肌を良い状態にしておくことで、肌のターンオーバーも正常になり、脱毛で埋もれ毛ができてしまっても、早く外に出てくるようになります。

 

また、ムダ毛が気になるからといって、毛が少し生えたらすぐにまた自己処理をするというサイクルを繰り返すのも埋もれ毛の原因になります。

 

気になるのは確かですが、埋もれ毛防止の観点からすると、カミソリや毛抜きでの自己処理はきちんと毛が生えるまで我慢したほうがよさそうです。

 

埋もれ毛知らずのスベスベなお肌を目指して

脱毛でできる埋もれ毛のまとめ

 

・埋もれ毛の原因は、カミソリや毛抜きを使った自己処理で毛穴にダメージを与えてしまうこと

 

・埋もれ毛を無理矢理引っこ抜いたりほじくり出そうとするのは絶対にNG。自然になくなるのを待ちましょう

 

・埋もれ毛をできにくくするために、普段から肌の保湿や角質ケアをする

 

埋もれ毛ができないようにするには、カミソリや毛抜きでの自己処理をできるだけ避け、普段からきちんと肌のケアをすることが大事ですね。

 

脱毛にカミソリや毛抜きではなく、「デリーモ(deleMO)」のような除毛ムースを使うのもおススメです。

 

興味のある方は是非デリーモの記事もチェックしてみてください!

 

>>簡単に除毛ができるデリーモの記事はこちら