脱毛 テープ

脱毛テープって痛そう・・・実際はどう?

自宅で簡単綺麗に脱毛がしたい!と女性なら誰しも1度は思ったことありますよね?

 

カミソリだとお肌も傷つくし面倒くさい、エステに通うのも大変だし、お金もかかる…。

 

そんな時に市販で気軽に買える脱毛テープってどうなんだろう?と思われる方も多いのではないのでしょうか?

 

ただ脱毛テープって痛そうだったり、正しい使い方もよくわからない方もいらっしゃるかと思いますので、今回はそんな脱毛テープの正しい使用方法とそのメリットデメリットについてご紹介いたします♪

 

脱毛テープとは?

 

そもそも脱毛テープとは脱毛をしたい箇所にテープを貼って剥がすだけで簡単に脱毛ができちゃう優れもの!

 

カミソリだとすぐに生えてきてしまうし、毛抜きで1本1本抜くのは大変。

 

そんな悩みを解決してくれる簡単便利な脱毛方法です!

 

種類も様々で、脱毛をしたい箇所によって顔用やデリケートゾーン用など用途別に購入できるところもうれしいポイントですね。

 

脱毛テープのメリット

 

では脱毛テープの嬉しいメリットをいくつかご紹介します。

 

・市販で販売されているので気軽に試せる!

 

脱毛テープはなんといってもその手軽さが人気です。

 

近所のドラッグストアですぐに手に入れることができ、また値段も安価なものが多いので気になったときにすぐに自宅で試せるのが嬉しいですよね

 

・簡単に1度に広範囲の脱毛ができる!

 

脱毛テープは脱毛したいところにテープを貼って剥がすだけなので、誰でも簡単に一気に広範囲の脱毛ができちゃうのも魅力のひとつ。

 

ただでさえ面倒なムダ毛の処理を短時間で終わらせることができます。

 

・すぐにチクチク生えてこない!

 

カミソリでムダ毛処理をしても表面の毛を剃っているだけなので、すぐにチクチク生えてきますよね。

 

ですが脱毛テープは毛根から抜いているので、次生えてくるまでの期間が比較的長くカミソリでのそんなお悩みも解決できちゃいます。

 

脱毛テープのデメリット

 

脱毛テープには嬉しいメリットがたくさんありましたが、もちろんデメリットもありますので頭に入れておいてください。

 

・肌へのダメージ

 

脱毛テープは肌につきにくい性質はありますが、もちろん肌へのダメージがゼロなわけではありません。

 

特に敏感肌の方や乾燥の時期などは注意してまずはパッチテストなどを行うようにしましょう。

 

・テープをはがす痛み

 

脱毛テープは毛をテープにくっつけて一気に剥がすので脱毛箇所や個人差もありますが多少の痛みを伴います。

 

なんとなくイメージはしやすいかと思いますが痛みに弱い方は注意が必要ですね。

 

・永久脱毛ではない

 

脱毛テープは毛根から毛の処理をすることができ比較的長い期間生えてこなくはなりますが、永久脱毛ではありません。

 

日常的にお手入れは必要になってしまいますので覚えておきましょう。

 

脱毛テープの正しい使い方

 

簡単気軽に試せる脱毛テープですが使い方を間違えると思わぬ肌トラブルや黒ずみなどの原因になりかねますのでここでしっかり覚えていきましょう。

 

・ある程度の毛の長さが必要

 

脱毛テープは毛をテープに絡ませて行う脱毛方法ですので、チクチクした短い毛で行うことはできません。

 

初めだけ少し気になるかもしれませんが、しっかり効果を出すためにも最低でも5o以上伸ばしてから行うようにしましょう。

 

・脱毛前に毛穴を開く

 

脱毛テープを使用する際は事前に毛穴を開いておくと痛みも少なく、また綺麗に脱毛することができます。

 

なので入浴後や蒸しタオルで温めてから行うのがおすすめです。

 

・空気が入らないように貼る

 

当たり前ですが空気が入ってしまうとその部分だけ毛を絡ませることができずに脱毛後に毛が残ってしまいます。

 

空気が入らないようにテープをぴったりと貼るのが一気に綺麗に脱毛するコツです。

 

・脱毛後はしっかりと保湿ケア

 

毛穴を開かせて毛根から毛を抜いているため脱毛後のケアがとても重要!

 

乾燥しないようにしっかりと保湿ケアをし、さらに冷たいタオルなどで開いた毛穴を閉じるようにしてあげるとさらにいいでしょう。

 

脱毛テープまとめ

 

脱毛テープは使い方さえ注意すれば、短時間で簡単綺麗に自宅で気軽に脱毛ができるとても便利な脱毛方法です!

 

これからの季節に向けて早めにムダ毛のケアを始めてみてはいかがでしょうか?

 

そして最後に更に簡単綺麗に脱毛したい方にオススメなのが「デリーモ(deleMO)」です!

 

脱毛のお供にぜひ使ってみてください!

 

 

>>デリーモ(deleMO)について詳細はこちら