脱毛 塗り薬

脱毛後の塗り薬の詳細はこちら!

医療機関での脱毛を行った方の中に、施術後に塗り薬を渡された経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

その日の夜に塗るよう指示をされ、言われるがまま持ち帰ったが果たしてこの正体は何なのか帰宅してから気になることもありますよね。

 

そこで今回は脱毛後に処方される塗り薬の正体とその効果についてご案内いたします。

 

脱毛後の塗り薬の正体とは?

 

みなさんもしお手元にその塗り薬があればぜひパッケージに書かれている文字を確認してみてください。

 

各脱毛クリニックにより異なるかとは思いますが、「リンデロン」や「デルモゾール」などという記載はありませんか?

 

それらはステロイド剤です。

 

パッケージの記載が違う方でもおそらく渡された塗り薬はステロイド剤である可能性が高いです。

 

なんとなく聞いたことがある方でもあまりいいイメージのない方が多いのではないでしょうか?

 

使用と中断すると症状が悪化するとか、色素沈着で黒ずんでしまうとか。

 

ではなぜそんなステロイド剤が脱毛後の塗り薬として渡されるのでしょうか?

 

脱毛後に塗り薬が渡される理由

 

ではなぜステロイドが含まれた塗り薬が脱毛後に渡されるのでしょうか?

 

それはステロイド剤には優れた抗炎症作用があり、赤みやかゆみなどを素早く抑えてくれます。

 

しかし、大量のステロイド剤を毎日使用することによって免疫力が低下し、まれに色素沈着などを起こすことがあるそうですがそのような疑いがある場合には抗生物質も処方され、そうすることにより細菌感染にも備えられるので過剰に心配する必要はないでしょう。

 

脱毛後はお肌の抵抗力が弱まり、汗や衣服とのこすれ、入浴による体温上昇などで簡単に赤みがでてしまいます。

 

その赤みを鎮めるために塗り薬としてステロイドを含む塗り薬が渡されるのです。

 

その場では施術を担当したお姉さんから渡されることが多いかとは思いますが、それもしっかり医師から処方されているものですのでご安心ください。

 

ただどうしてもステロイド剤が気になる方は無理に塗る必要はありません。

 

しかし、脱毛後の赤みを放置しておく方が思わぬ肌トラブルに繋がったり、色素沈着してしまう可能性があるので注意しましょう。

 

クリニックによっては非ステロイド剤の塗り薬を用意しているところもありますので医師に相談してみるといいですね。

 

脱毛後の塗り薬まとめ

 

調べてみると、脱毛後に渡されているあの塗り薬の正体は炎症を抑えるのに優れたステロイド剤であることがわかりました。

 

そしてステロイド剤も用法容量を守れば過剰な心配も必要ないこともわかりましたね。

 

基本的にエステサロンでは渡されず、医療脱毛を行った方に渡されることが多いです。

 

医療脱毛は脱毛でありながら、しっかりとした医療機関です。

 

ですので、ただ渡しているわけではなく、医師から処方された塗り薬なので心配はないでしょう。

 

ただどうしても気になる方は一度相談してみると安心できるかもしれないですね。

 

最後に医療機関でもなんだか心配…という方は自宅で気軽に脱毛ができるデリーモ(deleMO)というものもありますので気になる方は是非チェックしてみてください!

 

 

>>デリーモ(deleMO)の詳しい内容はこちらからどうぞ