脱毛 妊婦

脱毛したいけど妊婦はNG?

妊娠がわかり自分が妊婦さんとなり、嬉しい反面急に心配ごとが増えることもありますよね?

 

そのなかでもよく聞くのが、今や通っている方も多いであろう脱毛サロンへの疑問。

 

いままでは特に気にしていなかったけど、妊婦になり今後はどのようにしたらいいのか?脱毛に通い続けても大丈夫なのか?赤ちゃんに影響は?気になる疑問とその理由についてお伝えします!

 

妊婦でも脱毛に通える?

 

気になる妊娠中の脱毛ですが、基本的に妊婦さんはお断りする脱毛サロンがほとんどです。

 

ですが、エステのフラッシュ脱毛も医療機関のレーザー脱毛も子宮や胎児に影響を与えるものではありません。

 

なので妊娠初期段階で妊娠に気が付かずに脱毛をしてしまったという方も、特に心配はないでしょう。

 

では子宮や胎児に影響はないのになぜ妊婦さんはお断りされてしまうのでしょうか?

 

理由としては、妊娠中のホルモンバランスの変化や、思わぬ肌トラブルを防ぐため、また万が一何かあった場合に対応ができないためです。

 

デリケートゾーンだから、お腹だからなど脱毛箇所は関係ありません。

 

妊婦になると自分でも驚くくらいに予期せぬトラブルがたくさん起こります。

 

いままでは平気だった脱毛時の光でめまいや吐き気を起こしたり、長時間同じ体制でいることがつらくなったりすることもあります。

 

そしてなにより妊婦になるとホルモンバランスが変わるため、急に肌が敏感になりかゆみがでるようになったり、毛が濃くなったり、生えにくくなったりと人それぞれです。

 

こういった予期せぬ肌トラブルを防ぐため、またしっかりした脱毛効果を得ることが難しくなってしまうため、脱毛サロンの多くは妊婦さんはお断りとなっています。

 

またすでに脱毛に通われていた方は、妊婦さんは一時休止や休会ができるサロンがほとんどですので、各サロンへ問い合わせてみてください。

 

妊婦さんの脱毛方法は?

 

では妊婦さんはどのようにして脱毛したらいいのでしょう?

 

まさか約10か月もの間ムダ毛の処理をしないなんてことはできないですよね。

 

そんな時は、ぜひ電動シェーバーで自己処理をするようにしてください。

 

脱毛商品やカミソリだとお肌への負担が大きくなってしまうため、どうしても気になる時だけ優しく電動シェーバーで処理をし、その後の保湿ケアは入念に行いましょう。

 

また妊婦さんになると急にお腹の毛が濃くなる方が多いです。

 

健診の時など気になるかもしれませんが、先生方は見慣れているので大丈夫。

 

出産後には自然と元に戻る方が多いのでそんなに気にする必要はないでしょう。

 

妊婦さんと脱毛まとめ

 

妊娠中は子宮や胎児に直接な影響はなくても、ホルモンバランスによる脱毛効果半減や予期せぬトラブルを防ぐためにも脱毛には通えないことがわかりましたね。

 

妊婦さんはお腹の赤ちゃんだけでなく自分も大切にし、まずはしっかりと出産にむけて準備をすることが大切ですね。

 

また自宅での脱毛にはデリーモ(deleMO)もオススメですがこちらも妊婦さんは確認が必要です。

 

出産後には自宅ケアとしておすすめですので是非ご覧ください☆

 

 

>>妊娠中や産後についてもデリーモ(deleMO)の詳細をご覧ください