脱毛 ニキビ

脱毛したいけどそこにニキビがある場合はどうする!?

顔に限らず背中などにもできるニキビ。

 

赤くぽつぽつしているので目立って気になりますよね。

 

いまやワキのみでなく全身や顔の脱毛もしている方が多い中、ニキビでお悩みの方はこの状態で脱毛はできるのか?また脱毛により肌状態に何か変化はあるのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は気になる脱毛とニキビの関係について調べてみました!

 

ニキビがあっても脱毛はできるの?

 

まずはそもそもニキビがある状態で脱毛をすることができるのか気になりますよね。

 

エステのフラッシュ脱毛も医療のレーザー脱毛も色素の濃いところに反応するように作られています。

 

よってニキビの炎症が激しい場合にはその部分の脱毛は難しいでしょう。

 

全体的に赤みがある場合は断られてしまうこともありますが、いくつか赤みが出ている場合などは保護シールなどでその部分のみ保護をして照射をしてくれるサロンもあります。

 

そこは事前に確認しておくといいでしょう。

 

脱毛をするとニキビが治る?

 

そもそもニキビは産毛に皮脂や汚れが絡まり、それが毛穴に詰まることによってできてしまいます。

 

背中も同じですが、シャンプーのすすぎ残しなどが産毛に絡まってしまうことが原因のひとつとも言われています。

 

ということは、顔も背中も産毛がなくなれば皮脂や汚れが絡まることもなくなり、ニキビができにくくなるということ!

 

脱毛をしたからニキビが治るというわけではありませんが、結果としてニキビができにくくなる肌状態を作ることが可能になるのです!

 

なのでニキビがあるから脱毛はできない…ではなく、保護されたところは脱毛効果はありませんし、そこだけ後日当てなおしなどもできませんが、ニキビ肌でお悩みの方はできるところから脱毛をしていくことによって少しずつ改善へ向かうことはできるのです!

 

脱毛でニキビができた?

 

最後に、脱毛をしたことによってニキビができたという方がまれにいらっしゃいます。

 

これはいったい何かといわれると、実はそれニキビではなく「毛嚢炎」というもの。

 

特に汗をかきやすい箇所や毛質の太い箇所の脱毛を行った際にみられます。

 

脱毛後は毛穴にダメージを受け、特にお肌が敏感になっています。

 

普段から皆さんのお肌にも存在するブトウ球菌が、抵抗力の弱まったお肌の内側に入ってしまうと炎症をおこしニキビのような赤みができるのです。

 

基本的には1〜2週間ほどで自然に治っていくもので、脱毛回数をこなして毛質が細くなればできることもなくなりますのでご安心ください。

 

脱毛とニキビまとめ

 

このように、ニキビのある状態での脱毛はサロンによって対応は違うものの、少しずつでも脱毛を行っていくことによってニキビのできにくい肌状態を作ることは可能だということがわかりましたね。

 

そして忘れてはいけないのが脱毛前後のケア!

 

産毛は自己処理をすればするほど濃くなってしまい、脱毛期間中は毛抜きを使用してしまうと効果が見込めなくなってしまいます。

 

なので自己処理は最小限に、さらに脱毛後はお肌も乾燥しやすくなりますので皮脂の過剰な分泌を抑えるためにも日々の保湿はしっかりと行っていきましょう!

 

最後にそれでもニキビ肌を見せるのが恥ずかしい方や、脱毛サロンに通う時間を作れない方におすすめなのがデリーモ(deleMO)です!

 

これなら自宅で簡単に脱毛ケアができちゃいますよ!

 

 

 

>>デリーモ(deleMO)で簡単自宅ケアをしたい方はこちら