脱毛 毛抜き

脱毛を毛抜きでやるのは良くないかも?

暖かい季節になると、足や腕など露出が増えますよね。そこで気になるのがムダ毛です。

 

ムダ毛処理には、脱毛・除毛があり、それぞれ色んな方法があります。

 

脱毛は、毛抜きやサロンなど。除毛はカミソリやクリームなど。

 

自宅でのセルフ脱毛として毛抜きを使用している方も多いと思います。

 

毛抜きでの脱毛で「肌が荒れてしまった」「埋没毛になってしまった」という話を聞いたことありませんか?

 

毛抜きでの脱毛は、どんなトラブルが起きてしまうのでしょうか。

 

ここでは、毛抜きでの脱毛のメリット・デメリットをご紹介します。

 

 

毛抜き脱毛のメリットとは?

 

ムダ毛が気になった時や急遽ムダ毛処理が必要な時に、自宅で手軽に出来ることです。毛抜きさえ持っていれば、思い立った時にいつでも脱毛できますよね。

 

また、毛をしっかりと毛根から抜くことができれば、すぐには生えてこないので、ムダ毛処理の頻度を少なく出来ます。

 

カミソリなどで剃る場合は、表面上の毛を処理する形なので、2、3日もすればまた生えてきますよね。
ヒドイ時は、次の日には「もう生えてる!?」なんてこともあります。

 

毛抜きで脱毛の場合は、毛根から抜くので次に生えるまでの期間が長くなるんですね!

 

そして何よりもコストが安いという点です。

 

脱毛サロンや脱毛クリームを使う方法よりも、何倍も安く出来ちゃうんですよね。

 

なので「自分で毛抜き脱毛を頑張っている!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

以上が毛抜き脱毛のメリットでした!!次はデメリットについて、ご紹介します。

 

 

毛抜きで脱毛のデメリットとは?

 

毛抜き脱毛は、抜く時にどうしても痛みが伴いますね。特に、デリケートゾーンなど肌が敏感な場所は、強い痛みを感じてしまいます・・・

 

また、ムダ毛をつかむはずが、間違えて皮膚をつまんでしまい痛かった!という経験をされた方も多いのではないでしょうか?

 

毛抜きは、1回につかめる本数が大体決まってしまうので、かなりの時間がかかります。

 

途中で投げ出したくなったりしますよね・・・

 

次に埋没毛になってしまう可能性です。

 

毛根からキレイに抜けなかった毛が、皮膚の中に留まってしまうことで、毛穴が黒くみえてしまうんです。

 

埋没毛は汚く見えてしまうので、とてもショックですよね。

 

そして一番の問題である、色素沈着です。

 

肌に負担がかかることで、炎症がおきたりして肌の色が変わってしまうんですよね。

 

このように、毛抜きで脱毛をするには色んなデメリットがあります。

 

ムダ毛をキレイにしたいのに、肌トラブルで悩んでしまう可能性があるんですね。

 

 

毛抜き脱毛まとめ

 

毛抜きでの脱毛は、コストは安くすみ手軽に行うことが出来ます。

 

しかし、肌への負担は大きい方法といえます。

 

「毛を抜く箇所を温めて、毛の流れに沿って抜く」など多少リスクが減る方法はあるようですが、毛抜き脱毛をする際は、メリット・デメリットを考えた上で脱毛することをおススメします。

 

肌への負担やお手軽さを考えると『デリーモdeleMo』がとても万能ですよ!

 

『デリーモdeleMo』は、肌への負担もなく、ムダ毛処理が出来る除毛スプレーです。

 

気になる方はチェックしてみてくださいね!

 

 

>>デリーモdeleMoについて詳しくチェック