脱毛 痛い

脱毛は痛いというイメージがありますが・・・

脱毛というと痛いイメージがないですか?特に毛抜きやエステでの脱毛は痛いイメージです。

 

ここでは、脱毛で痛いのはどんな痛みなのか、また脱毛での痛〜いエピソードについてお届けします。

 

脱毛の痛みってどんな痛みなの?

脱毛の自己処理といえば、毛抜きかかみそりですね。毛抜きで脱毛して痛い思いをしたことがある方も多いと思います。

 

では、サロンの脱毛はどうでしょう。痛いってどのくらい?どういう痛さなのでしょうか。

 

サロンでの脱毛方法にはいくつか種類があります。

 

ひと昔前までのニードル脱毛は、個々の毛穴に細い針を刺し、そこに電流を流して細胞を破壊して毛が生えてこないようにする方法です。

 

ひとつひとつ毛穴に細い針を刺していくなんて、聞いただけでも痛そうです。施術も毛穴ひとつ、1本ずつになるので、効果はあっても、気になるところがすべてつるつるになるにはある程度の時間とお金がかかります。

 

一方、現在多くのサロンで取り入れられているのが「光脱毛」というもの。

 

光脱毛は毛の黒いメラニンに光を当て、そのエネルギーを元に周囲の毛根や毛穴の周りの組織を破壊するというもの。

 

こちらはニードル脱毛に比べるとかなり痛みが少ないのが特徴です。ただし、無痛というわけではありません。

 

よく、輪ゴムではじかれたような感じ、という表現がありますね。

 

私も体験したことがありますが、マチ針でチクッとつっつかれるようなかんじで、特に辛いとは思いませんでした。

 

ですが、痛みの感じ方には個人差がありますし、脱毛する部位によっても痛い度合いが違います。

 

一般に、ワキやVIOラインなどの、毛が太くて密集している部分は痛みも強くなります。

 

また、皮膚が乾燥していると痛みも強く感じるので、普段から肌の保湿をきちんとしておくようにしましょう。

 

脱毛の痛いエピソード

脱毛の失敗談や痛いエピソードもたくさんあったのでご紹介します。

 

・脱毛サロンに通っていたが、痛いのを我慢できず、時間もかかり結婚式に間に合わなかった。

 

・毎回毛抜きで処理しているが、太い毛を抜くときに肉をはさみこんでしまうことが多く、跡が残る

 

・思い切って脱毛に通ったのに、数回通っただけでサロンが潰れてしまった。

 

3つめのエピソードは肉体ではなく財布と心が痛い体験ですね・・。

 

でも、ここではあえて痛いエピソードをご紹介しているので、サロンの脱毛が必ずしも痛くて続けられないというものではありません、念のため。

 

脱毛の痛みから解放されたい!

脱毛が痛いといっても、痛みの感じ方は人それぞれ、個人差によるところも大きいです。

 

実際、痛いのを乗り越えて脱毛のわずらわしさから解放された方もたくさんいらっしゃいます。

 

女性であれば、毛がある限り脱毛の悩みはつきもの。痛い思いをしないで脱毛できるに越したことはありません。

 

「デリーモ(deleMO)」は、おうちで手軽に、しかも痛い思いをしないで脱毛したい女性の強い味方になってくれると噂のアイテムです。

 

デリーモについて詳しく書いてある記事があるので、気になる方はそちらをご覧ください。

 

>>痛いのが苦手な方にもおススメのデリーモの記事はこちら