脱毛 飲酒

脱毛するなら飲酒NGってマジ?

脱毛の前後に飲酒をするのはよくないっていう話を聞いたことはありますか?

 

飲酒は全くダメなの?ちょっとだけなら大丈夫?あまり飲まない人には関係ないけれど、お酒が好きな人は気になりますよね。

 

そこで、今回は、脱毛と飲酒の関係について調べてみました。

 

脱毛前に飲酒をすると?

脱毛の前後にお酒を飲まない方がいいって本当なの?

 

これは本当です。基本的に、脱毛前後の飲酒は控えましょう。では、脱毛の前に飲酒をするとどんな影響があるのでしょうか。

 

アルコールを飲むと、全身の血行がよくなり肌が火照ったようになります。

 

また、飲酒によって体温があがることで体の中の水分も少なくなるため、肌が乾燥し、肌が普段よりも刺激に敏感になります。

 

そのため、飲酒後に脱毛をすると普段より痛みを強く感じたり、赤みやかゆみなどのトラブルが出やすくなってしまいます。

 

サロンで脱毛をするときなどは、思ったような効果がでにくくなることも考えられるのです。

 

お酒を飲むのが習慣になっている人は、ちょっとだけなら大丈夫と思わずに、脱毛の前日は飲酒を控えるようにしましょう。そもそも酒臭い息で施術に行くのはマナー違反ですね。

 

体調を万全にして、気持ちよく脱毛したほうが気分よく過ごせます。

 

脱毛後に飲酒をすると?

脱毛前に飲酒が良くない理由はわかりました。では脱毛後はどうでしょう。

 

脱毛後にお酒が入ると、全身の血の巡りが良くなるので、赤みが引くのが遅れるなど、皮膚が元の状態に戻りにくくなってしまいます。

 

また、脱毛の刺激で肌が敏感になっているので、赤みやかゆみがでやすくなります。

 

痒いのを我慢できずに掻いてしまうとますます皮膚の状態が悪化してしまいます。

 

これは応急処置にはなりますが、脱毛後に飲酒をして赤みが出た場合は、肌を冷やしてみるのがよいそうです。

 

もし、サロンやクリニックで処方されている軟膏があれば、それを塗るようにしましょう。状態が良くならない場合はクリニックに連絡するか、皮膚科で診てもらうなどしてください。

 

せっかくキレイになるために脱毛をしているのに、飲酒のことで新たな問題になるのももったいない話です。

 

飲酒ができないといっても、脱毛の前と後、ちょっとだけです。

 

お酒が体内から抜けるのにかかる時間は個人差があります。脱毛前後12時間飲まなければよいというデータもありますが、念のため、丸1日空ければ安心できますね。

 

脱毛と飲酒の関係まとめ

脱毛の前後に飲酒をすると、血行がよくなり、肌も敏感な状態になるので悪影響だということがわかりました。

 

サロンやクリニックなどで脱毛をするときは、前後の飲酒は控えましょう。

 

「私はサロンには行かないから関係ない」という方もいらっしゃるかもしれなせん。

 

ですが、自宅で自己処理をするときも、カミソリや毛抜きを使います。

 

飲酒で血行がよくなった皮膚には負担ですし、お酒を飲んで力加減がわからなくなったり、手元が狂ってケガをする可能性もあります。

 

お風呂で流血!なんてことにならないためにも、飲酒をしたときは、自己処理の脱毛もしないほうが無難です。

 

「デリーモ(deleMO)」は、かみそりや毛抜きを使わずにおうちで簡単にムダ毛のケアができると評判のアイテム。

 

すごく売れていて、すぐに売り切れになってしまうみたいです。気になる方はデリーモについて詳しく書いてある記事をチェックしてみてください。

 

>>おうちで簡単にケアできるデリーモの詳細はこちら