脱毛 陰部

陰部の脱毛をしておきたいなら・・・

脱毛は全身、やりはじめたらキリがありません。みなさんは陰部の脱毛してますか?陰部の脱毛ってどうやるの?みんなはどうしてる?

 

気になる陰部の脱毛事情についてお伝えします。

 

陰部の脱毛〜VIOラインって何?

陰部を脱毛でよく耳にするVIOという単語。Vライン、Iライン、Oライン、それぞれどこを指すかご存知でしょうか。

 

場所は以下の通りです。

 

Vライン…前面の▼部分。ビキニライン。

 

Iライン…VとOの間の性器の周辺部分。下着のクロッチの辺り。

 

Oライン…肛門の周囲。

 

※Iライン、Oラインとも、粘膜部分の脱毛はできません。

 

元々毛深くなくて、処理をしなくても全然問題のない人もいれば、処理しなければ下着からはみ出してしまう人もいます。

 

陰部の毛が濃い人にとっては陰部の脱毛は重要な課題ですね・・。

 

でも、毛深くなくても、処理することで蒸れにくくなる、毛がないためにニオイを軽減できるなどのメリットがあります!

 

何より清潔を保てるのが嬉しいですね。

 

海外では陰部の脱毛は当りまえと言われます。

 

日本ではワキの脱毛ほど一般的ではないかもしれませんが、最近は陰部の脱毛専門のサロンもありますし、徐々に浸透してきているようです。

 

Vラインは、毛を好みの形に整えることができるので、彼氏の好みに合わせて整えるというのもいいかもしれません。

 

最近では日本でも陰部の毛を全部処理したり、かなり薄くする人もいます。

 

でも、生えてこない状態にすると、別なパートナーが許容してくれるか、今はよくても年をとったときはどうかという問題も出てきます。

 

陰部の脱毛をするときはよ〜く考えるようにしましょう。

 

陰部の脱毛はどこでする?

陰部の脱毛をする場合、基本はクリニックやサロンに行くか、自宅で自己処理をするかのどちらかです。

 

プロに任せたい、色々相談したい!という方はサロンに行くのがいいですね。

 

ここでは自己処理の際の注意点についてお伝えします。

 

自己処理で陰部の脱毛をするには、カミソリ、毛抜き、ピンセットなどの器具を用いる方法、ワックスや除毛フォーム、家庭用の脱毛器具を使う方法があります。

 

中でも一般的なカミソリや毛抜きでの処理は、手軽で費用もかからない反面、生えてきた毛がチクチクする、皮膚が黒ずむ、カミソリ負けで

 

見た目が汚くなるといったデメリットもあります。

 

自分で陰部の脱毛をするときに大事なポイントは3つ。

 

・事前に形を決めておく

 

・蒸しタオルで皮膚を温める

 

・終わったらしっかり保湿する

 

処理の前後のひと手間を惜しまずに、皮膚に負担をかけずに自己処理をしましょう。

 

陰部の脱毛で見えないところもバッチリ

陰部、主にVIOの脱毛は徐々に一般的になりつつあります。

 

単に「下着からはみ出て恥ずかしい」という以外にも、陰部の脱毛をすることで、蒸れやにおいを防ぎ、清潔・快適に過ごすことができます。

 

プロにお任せでサロンに行くも良し、まずは自己処理で様子を見るのも良し。

 

陰部は普段人に見せるところではありませんが、キレイに整えておけば自然と自信が出てきます。

 

「デリーモ(deleMO)」は自宅で簡単に全身のムダ毛を処理できると大人気の除毛アイテム。

 

手軽にさっとケアできるので大人気だそうです。気になる方はデリーモの詳細をチェックしてみてください!

 

>>お肌に優しいデリーモの記事はこちら