脱毛 保湿

脱毛したら保湿は必須!正しい方法とは?

脱毛に通っているみなさんであれば、脱毛期間中の保湿についてサロンスタッフから1度は言われたことありますよね?

 

また、サロンによっては毎回しつこいくらいに言われたり、最悪の場合施術を断られたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

なぜ脱毛にはそんなに保湿が必要なのか?なぜ断られることがあるのか?そんなに深く考えたことのある方は少ないかと思いますが、実は脱毛を行うには本当に保湿がなにより大切なんです!

 

そこで今回はそんな保湿の重要性と正しい保湿のポイントをお伝えいたします!

 

これを知っているのと、知らないのとでは今後の脱毛生活で大きく損をすることになりますので、脱毛に通っている方は要チェックですよ!

 

脱毛と保湿の関係

 

では早速なぜ脱毛には保湿が必要なのか見ていきましょう。

 

・保湿をしないと脱毛効果が出にくくなる!

 

サロンやクリニックによって脱毛方法は様々ですがどの脱毛にも共通して言えることが、保湿を怠ってお肌が乾燥していると効果が出にくくなるということ。

 

施術前に塗布するジェルに脱毛効果を持つものも、レーザーによって脱毛するものもどちらも肌が乾燥して固くなっているとその浸透率が下がり確実な効果を得ることができなくなってしまいます。

 

ですので、毎日しっかりと保湿をされている方とそうでない方とでは、効果の実感の仕方も変わってきますし、何より脱毛に通う回数が違ってきます。

 

ただでさえ数年は通わなくてはいけない脱毛なので、できるものなら極力短期間で少ない回数で脱毛を完了したいですよね?

 

また、回数がかかるということはその分お金も余計にかかってしまいます。

 

最短で最安値で効果を出したいのであれば、毎日しっかりと保湿をすることが何より大切なことだったのです!

 

保湿をしないとなぜ脱毛できないの?

 

保湿をしないと効果がでないのはわかったけど、でもなんで脱毛を断られなきゃいけないの?と思った方もいらっしゃるでしょう。

 

実は保湿を怠り肌が乾燥している状態はお肌の免疫力、抵抗力がとても弱まっているのです。

 

その状態で強い光やレーザーを当てると、肌がその熱さに耐えらず肌全体が赤くひりついたり、毛穴が炎症を起こしたり、最悪の場合やけどをしてしまい水ぶくれや蕁麻疹のような症状がでてしまうのです。

 

特にエステサロンでの脱毛の場合、医療機関ではないため肌トラブルには対応できないので、最悪の場合を考慮して断られる場合が多いでしょう。

 

「保湿をしていなかったから脱毛できません」なんて当日に言われても納得できないのもわかりますが、効果もなく火傷の可能性があるお肌に施術をしてもらっても何の得もありません。

 

また次回まで保湿を頑張りましょう。

 

正しい保湿のやり方とは?

 

脱毛と保湿の関係はわかったけど乾燥肌だから仕方ない…。なんて思っている方はいらっしゃいませんか?

 

でも、それは違ってしっかりとした保湿を行えば乾燥肌の方でも問題なく脱毛に通えちゃうのです!

 

・クリームを塗る前に化粧水を!

 

皆さん洗顔後にいきなり乳液からつけますか?

 

たぶん化粧水をつけてから乳液をつける方がほとんどだと思います。

 

お肌もそれと同じなので、いきなりクリームをつけるより、まずは化粧水でたっぷりと水分をしみこませてから蓋をするようにクリームをつけてあげると保湿効果が上がります!

 

そうすることで脱毛効果もアップです♪

 

・保湿のタイミングは入浴後!

 

入浴後毛穴の開いている状態で保湿を行ってあげるのがいちばん吸収率があがります!

 

脱毛前のシェービングのケアにもなりますので保湿は入浴後にするように癖つけちゃいましょう!

 

脱毛と保湿まとめ

 

脱毛期間中に保湿をしていないと、肌トラブルが起きやすくなるだけでなく

 

脱毛期間もお金も余計にかかってしまうことがわかりました。

 

毎日のちょっとしたケアで安く短期間で脱毛が完了するなんて、やはり保湿はとっても大切だったんですね。

 

みなさんも余計な時間とお金を使って損をしないように、日々の保湿ケア頑張りましょう♪

 

それでも保湿は面倒だという方は自宅で自分で脱毛ができちゃう「デリーモ(deleMO)」がおすすめ!

 

自宅での脱毛ケアの詳細も是非チェックしてみてください。

 

 

>>デリーモ(deleMO)が気になる方はこちらから