脱毛 襟足

脱毛したいけど襟足って難しい・・・どうすればいい?

襟足(うなじ)は首の後ろ側にあり普段はなかなか確認が難しい場所にあります。

 

髪をまとめる時やアップにする際にも目立つ場所になりますが十分なお手入れが出来ている方は意外と少ないので脱毛しようにもどうすればいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

襟足の脱毛がむずかしい理由とは?

 

襟足が自分でムダ毛の脱毛が難しい理由のひとつとして直接確認しながらの処理が難しい点にあります。

 

鏡越しにカミソリなどを使うのも肌を傷つけてしまう可能性が大きいので襟足の形を整えるためにわざわざエステに通うという選択を取っている方もいるようです。

 

夏の季節になると浴衣などうなじを見せる髪型もあり、手の届かない襟足の脱毛は多くの女性の悩みの種になってきました。

 

今回はこの襟足の処理方法と安全に脱毛するにはどのような方法があるのかを考察していきたいと思います。

 

代表的な襟足の脱毛方法をご紹介!

 

まず襟足の代表的な処理方法として安全カミソリを使用し、自分自身で毛を剃るという脱毛方法があります。

 

これは慣れが必要な上に肌を傷つけやすいので別の人にやってもらうという方も多いようですね。

 

エステや脱毛サロンを利用し形を整える方法も一般的ですが、店舗や利用プランなどでは高額になるところも多く費用の面でなかなか選択しにくい方法のようです。

 

エステや脱毛サロンで行う方法は様々なプランがありひとことでメリットデメリットを説明するのは難しいのですが、永久脱毛を行う事で襟足の処理を繰り返す必要がない点がメリットといえるでしょう。

 

また理容室でカミソリを使って剃りあげる方法もあります。

 

理容室というと男性が多く利用するものというイメージがありますが、近年女性向きのレディースシェイビングを提供している理容室も増えてきました。

 

顔の産毛をきれいに剃ってもらいつつ襟足も形を整える事ができるので、首周りの脱毛で悩んでいる方には選択肢のひとつとして人気があり、価格もリーズナブルです。

 

セットで美肌マッサージなどを併用して行う理容室もあり、女性人気も高まりつつありますがやはり男性の利用客が多く恥ずかしさが先に出て利用しないという方もいるようです。

 

自分で襟足を脱毛する別の方法として、脱毛テープを利用するという方法もあります。

 

カミソリを使用しない点ではとても安全で、鏡越しでもある程度やり直しができるのでこの方法を利用される方もいるのですが場所によっては脱毛テープをはがす際に極めて強い痛みを感じる事もあり痛みが苦手の方にはつらい脱毛方法になるでしょう。

 

脱毛スプレーでのメリットとは?

 

もう一つの選択肢として脱毛スプレーを使う方法もあります。

 

脱毛スプレーは液状で襟足に塗布しやすく安全性は高めですが、ムダ毛を分解する効果から肌へダメージを与える場合もあります。

 

現在人気の脱毛スプレー、デリーモ(deleMO)は脱毛時に発生しやすいダメージを軽減する成分が含まれており主なケア成分としてアロエエキスが含まれています。

 

古くから肌への炎症を抑える効果が様々な化粧品などに応用されており、脱毛時の保護と同時に保湿も行うことができる脱毛スプレーです。

 

様々な襟足の脱毛方法がありますが、自分にあった形を見つけて自信をもってうなじを見せたいものですね!

 

>>デリーモ(deleMO)の記事はこちら