脱毛 赤み

脱毛したけど赤みが発生!どうすればいい!?

楽しみに脱毛に行ったのに、その日の夜に肌に赤みがでてしまい心配になった、という経験ありませんか?

 

この赤みの原因は何なのか、どうしたら治るのか、どれくらい続くのか、気になる疑問はたくさんあるかと思います。

 

そこで今回は、脱毛後の肌の赤みの原因と対処法についてご紹介いたします!

 

脱毛に通われている方は是非目を通しておいてください。

 

なぜ脱毛後に赤みがでるの?

 

今や学生でも気軽に脱毛に通え、脱毛している方の人数も急上昇、さらには施術中の痛みもほとんどありません。

 

ですので、「赤みなんかでるはずない」と脱毛前の注意点や脱毛後のケアを怠ってしまう方が多いのも現状です。

 

施術をすることによって肌はかなりのダメージを受けます。

 

その場ではしっかりとケアをしてくれるので何も感じることはないのですが、重要なのは帰宅後です。

 

なにも考えずにそのままお酒を飲みに行っていませんか?

 

肌を露出して日にあたっていませんか?

 

ゆっくりお風呂に入ったり、体をごしごし洗っていませんか?

 

脱毛当日はお肌がとても敏感になっているので、こんな些細な事でもすぐに赤みが出やすくなっています。

 

気軽にできる分、脱毛後のケアは自己責任でしっかり行いましょう。

 

脱毛後の赤みはどうしたらいい?

 

脱毛後に肌に赤みがでてしまう理由は様々ですが、その対処法は基本的に同じです。

 

赤みのある部分をしっかりと冷やしてあげましょう。

 

ご自宅にある保冷剤でも冷たいタオルでも大丈夫です。

 

まずは冷やして様子を見るようにしましょう。

 

基本的にはこれで赤みは落ち着く場合が多いです。

 

そして、冷やした後はしっかりと保湿をすることも忘れずに!

 

脱毛後の肌は乾燥もしやすくなっていますので、次回の予約日まで極力毎日保湿は行いましょう。

 

こんなときは連絡を!

 

通常の赤みであれば冷やせば治りますが、万が一水ぶくれのようになってしまった場合やひりつきが治まらない場合などは自己判断せずに一度脱毛サロンに問い合わせしてみましょう。

 

当日の肌状態などで軽いやけど状態になってしまう場合もあります。

 

その場合はそのまま放置してしまうと色素沈着を起こし跡が残ってしまうかもしれませんので、脱毛サロンに連絡をし皮膚科に行くようにしましょう。

 

脱毛後の赤みまとめ

 

脱毛当日はお肌が敏感なので、自分でも気をつけて行動しなくてはいけないことがわかりましたね。

 

アルコールの摂取やゆっくりお風呂に入ることによって血液の循環がよくなりそれだけで赤みを引き起こしやすくなります。

 

また、体をごしごし洗ったり、タイツやストッキングの締め付けでも赤みが出る方もいらっしゃいますので気をつけましょう。

 

そして万が一赤みが出てしまった場合には、しっかりと患部を冷やし保湿もわすれないようにするとすぐに落ち着くかと思いますので慌てずに対処できるといいですね。

 

 

最後に脱毛サロンに通うのはどうしても心配だという方には、「デリーモ(deleMO)」
がおすすめです。

 

自宅で簡単にムダ毛のケアができちゃいますよ♪

 

 

 

>>気になるデリーモ(deleMO)はこちらからどうぞ☆